« 2016年11月18日 | メイン | 2016年11月22日 »

2016年11月21日 アーカイブ

2016年11月21日

分類/件名のおはなしダイジェスト 第1回

こんにちは!データぶー子です。

databuko5.gif

すっかりご無沙汰してしまったけれど、お元気でしたか?
さてさて、年末恒例のダイジェスト企画、今回は「分類/件名のおはなし」のダイジェストです。
これまで取り上げてきた分類や件名の話題から、選りすぐってお届けしますね!

データ部といえば校正、校正といえばデータ部ですが、分類/件名での校正作業のひとつに"リストでのチェック"があります。
ここでは本そのものは見ず、前日に作業終了分のMARC No.と分類、件名がずらっと並んでいるだけの代物をチェック(タイトルすら無いリスト...)。分類が『日本十進分類法(NDC)』に適しているか、ケアレスミスはないかを見ていきます。

というわけで、冊子体のNDCとの首っ引きになるわけですが、時には本表に見当たらない分類も...。

新たな分類を作ってみました! というわけではないはずなので、そんなときは慌てず騒がず、そっとその分類の周囲を確認。
まずは「地理区分」を展開しないかチェック。無ければ、さらに範囲を広げると、ちょっと後ろに「固有補助表」がある分類も。

例えばNDC188(仏教の各宗)の後ろにはこんな説明が...
------------------------------------------------
*各宗とも,テーブルにより共通的に区分することができる(略)
-1. 教義.宗学
-2. 宗史.宗祖.伝記
-3. 宗典
-4. 法話.語録.説教集
(後略)
-----------------------------------------------
このような約束ごとがあり(また、TRCはこれを適用しているので)、188.212などという分類を付与してよし、となるわけです。


では、NDCの本表をどうひっくり返しても書いていない分類が出てきたら? そんなときは一般補助表を開きます。
分類を問わず多く使われるのが「形式区分」。(下は抜粋)
------------------------------------------------
-03 参考図書[レファレンス ブック]
-04 論文集.評論集.講演集.会議録
-077 教育・養成機関
------------------------------------------------
などとあるのを適用。(このあたりの詳細はこちら)これによって、497.04などという分類が登場します。

ここまでの引用はNDC新訂9版ですが、新訂8版でも固有補助表・形式区分などの扱いは同様です(一部解説の文言が違うものもありますが)。
2017年4月からTRC MARCで採用する新訂10版はというと、形式区分に変更はありませんが、一般補助表の「地理区分」や「言語区分」、固有補助表については一部変更がありますのでご注意くださいね。

databuko3.gif

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク