« きょうのデータ部☆(12/20) | メイン | 人名典拠ファイルを知る その2 »

今年の一文字 その3

12月の雑記テーマは「勝手に今年の一文字」。

今年もあと10日!?と思う気持ちは今までで一番なのですが、そのわりに上半期の出来事は遥か昔のことのように感じます。

「週刊新刊全点案内」が2000号を迎えたのは今年2月の話。(2年くらい前じゃなかったでしたっけ?)
26日発行の2043号が本年最終号です。

今年の4月にはTRC MARC/TタイプにてNDC10版の提供を開始しました。(あれ、まだ10カ月も経ってないんですね。)

(あとこれは本当にきわめてどうでもいい話ですが、私が「今年こそ読みたい本」の記事を書いたのは1月。冗談だったのに、おかしいですね、読了は本当に今月末になりそうです。)

うーん、不思議。

そんな今年の一文字に私が選んだのは「進」。

今年、業務で使用しているソフトウェアのバージョンアップがありました。別業務のソフトについてもバージョンアップの案件があり現在絶賛準備中です。
また、上述のNDC10版ご提供に合わせて「週刊新刊全点案内」編集担当として行ったのが、誌面の見直し。書誌の分類部分はもちろん、凡例ページなど変更が必要な箇所をマイナーチェンジしました。

色々なことがちょっとずつ変わった一年だったな。と感じたので、変化の「変」にしようかと思ったのですが、
いずれも、ただ変わったのでなく進化したのだと思い、「進」を選びました。
より使いやすい方へより良い方へ。
TRC MARCも「週刊新刊全点案内」も、これからもどんどん進化していきます。

もちろん私個人を見ても一年前よりは進歩しました。したはず。したんですきっと。
月日もただ過ぎ去ったわけではなく、私の方も進んでいたからこそ早く感じた...ということにします。

2018年も前に前に。
とどまることなく進んでいけたらと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2949

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク