« クリスマス絵本を探そう | メイン | 記憶"に"固執 »

洋書"And then there were none"

10月にお届けしました、企画洋書「ペーパーバック特集 名作とベストセラー」より、御紹介いたします。

翻訳本は読んだことがないのですが、舞台や映画でみたことがある、というのが何冊かあり、懐かしく思いました。

10年以上前のことなので、思い出せないことが多いのですが、
パナソニック・グローブ座だったか、東京グローブ座という名称だったか、JR山手線の新大久保~高田馬場間からみえた、薄いピンク色の円形の劇場がありました。

そこでは、シェークスピア作品を多く上演していて、一度、ここで劇を見てみたいと、思っていました。

そこで、みたのが、こちら。

And then there were none
Agatha Christie
Harper 2015

シェークスピア作品ではなかったのですが、アガサ・クリスティー「そして誰もいなくなった」です。

一人ずついなくなるシーンが、やはりインパクトが強く、観劇後、何かしびれるような感じを受けた印象があります。
また、三浦 洋一さんが出ていたのを覚えています。

機会があれば、ぜひ、シェークスピア作品をみたいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3188

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク