« きょうのデータ部☆(1/25) | メイン | 本文のない本 ~MARCや検索のはなし~ »

鏡開きをそういえばまだしていません

雑記のテーマは、「好きなおせち・お正月料理」です。
お正月といえば、お餅がたくさん食べられる、ということが子どもの頃、楽しみのひとつでした。
兄弟と数を競い合うようにして、お餅を食べた覚えがあります。
鏡開きでは、おぜんざいを作ってもらって、あつあつの小豆とともにほおばるのがしあわせでした。
関東は角餅ですが、自分が幼少期を過ごした関西は丸餅で、角ばっていない丸みのある形と、すこし小ぶりなサイズが食べやすく、平気でいくつも食べていたあの頃。
今は残念ながら、そんなに食べられません。
昔は味と食感が苦手だった数の子が、いまは五本の指に入る好きなおせち料理になったりと、大人になるにつれ味覚や好みも変化していきました。
それでも変わらないのは、好きなお正月料理ナンバー1は、やっぱりお雑煮、ということ。別格、わかります。

全国には実に様々なお雑煮があり、それぞれのうちのお雑煮を聞いてみると、少しずつ、あるいはまったく違っていたりと面白いですよね。
我が家は、昔から福岡出身の父方の博多雑煮でした。母方の家は香川なので白味噌にあん餅をいれた香川雑煮。どちらも友人に珍しいと言われたことがあります。
博多雑煮は、出汁はすまし汁です。温めた出汁に、薄く味付けした大根、お煮しめ用に炊いた里芋の白煮と人参、椎茸の甘辛煮、かつお菜(小松菜)、薄く切った紅白のかまぼこ、そこに一口大にして軽く塩、酒を振って湯通しした鰤も入れ、一緒にひと煮立ちさせます。それぞれの材料の旨みが出汁に出て味わい深くなります。
お椀にまず大根を敷いて、焼いて柔らかくしておいた丸餅を上に乗せ、ほかの野菜とかまぼこ、鰤を彩りよく加えて、熱くした出汁をたっぷり入れます。最後に柚子の皮を入れて出来あがり。
柚子の香りがよく、鰤の臭みを取ってくれます。なぜ鰤?と昔は思っていたけど、出世魚だから縁起物なのですね。切り身は薄めにすると食べやすいです。

いつか、全国のいろんなお雑煮を食べてみたいものです。お餅のように、伸びしろのある一年になるといいな。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク