« あの頃私は小学生だった | メイン | 頑丈なカメラが必要です »

「新刊案内」表紙ができるまで

~新刊案内ができるまで 特別編その3~

「新刊案内」の表紙は、毎月イラストレーターに描き下ろしていただいています。リニューアル前、デザイナーを含め、打ち合わせを何度か行ったことは先週書きました。「やっぱり本がどこかに描かれていた方がいいのではないですか?」と2人とも気にされてましたが、毎回本を無理に入れても飽きるし、モチーフが限定されてきそうなので、特にこだわらないで行こう、と決めました。

1年目は、まだお互いどんな方向に行くのか読めないところもあったため、3カ月分ずつまとめて提出していただいていました。今思えば、3枚一度に描き下ろしてもらうのは、無理をお願いしていたなぁと思います。2年目からは毎月ラフを出していただき、デザイナーの意見を聞きながら、本番を描いてもらいます。僭越ながら、自分も意見させてもらっています。

ラフから完成まで、今ではすべてスキャン画像をメールでやりとりできてしまいます。たまには直接お会いしたいと思いますが、あまり邪魔してしまっても悪いので…

さて、7月号の最初のラフはこうでした。スキャン画像にPCで色を塗ったりしていますね。最終版とどこが違うか、お手元の「新刊案内」か7月3日のエントリーと比べてみてください。
8月号は再来週発行です。すでに出来上がっていますが、それまでお楽しみに。

s-shinkan7-a.jpg


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/243

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク