« 討ち取ったり吉良上野介→吉良義央? | メイン | 70年 »

よろず相談所?

新刊目録「まど」係のお話、4回目(最終回)です。

朝9時に出勤すると、私の机の上には見覚えのない本が数冊積まれている、ということがよくあります。

データ部では朝8時から働いている人もいます。前夜に取次から届いた新刊見本を、入力基準にあっているかどうかチェックしているのです。以前、MARCができるまでの連載で「最初にして最大の難所」として紹介した作業です。
基準はあるものの、どうしても「これはいいのでは?いやダメかな?」などと迷うグレーゾーンの本がでてきてしまいます。そういうものが「まど」の机の上に積まれていきます。

発行日が古い、CDやCD-ROMが主体のよう、読者が書き込むページがある、ちょっと過激な写真集などなど。これらについて適宜判断し、新刊目録以外の部署でMARC作成するものはそちらにお願いし、MARC作成しないものは返品、おっとSBで発注してあるものは仕入部に連絡しなくては…。こんな具合に最終的に行き場所を決めるのが「まど」係の仕事。


200712171303000.jpg
出版社から直接届く本や、データ部のほかの部署からきた本もあります。新刊目録でMARC作成できるかな?


MARC作成をはじめた後、「その本、内容にミスがあって刊行が延びました!」などという連絡が入ることも。そういった本を探し出して取次に返却。再度、見本が入れば、また作業の流れに戻すということもしています。

本が多ければ、問題も多発。繁忙期にはいくつものイレギュラー案件を抱え、「これが全部スッキリ解決できる日がくるのだろうか」と途方に暮れたことも。でも1件、1件辛抱強く対処していけば、やがてはキレイに片付くものです。
「こんなこと、「まど」さんにお願いしていいのかなあ」「ハラダさんに訊いていいことかどうかわからないんですが」という前置きで、他部署や取引先から物事を尋ねられることも多くなってきました。「まど」はよろず相談所なのかなと思うこの頃です。その名のとおり、いつも機嫌のよい、相談しやすい窓口でありたいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/358

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク