« TRCMARCにみる花粉症の傾向と対策 | メイン | あこがれ囲碁の世界 »

細目について ~件名その4

件名は、「資料の主題または形式を表現する」ものだと、最初の回で紹介しました。これまで主題のことばかり書いてきましたが、形式もまた、件名によって表現されます。その際、細目が重要になります。
件名について知識のある方は、「かぶとむし-写真集」「日本美術-便覧」「物理学-辞典」「サッカー -伝記」といったものを見たことがあるかも知れません。この、ハイフンの後ろの部分が細目です。これらのほかBSHには、「書誌」「年鑑」「年表」「図集」「法令」「雑誌」「名簿」といったものが挙げられ、一般細目(原則としていずれの件名のもとにも使用可)としています。これで、少し変わった形式の本をはっきり識別することができます。
細目にはほかに、A.分野ごとの共通細目、B.言語細目、C.地名のもとの主題細目、D.地名細目、E.時代細目があり、「主標目の範囲を限定し特殊化するために用いる」とBSHにはあります。使用目的が、形式を表現するためだけではないのです。
以下、A.~E.についてそれぞれ具体例を挙げて簡単に紹介します。
A: たとえば〈芸術〉だと「図集」が「グラフィック・アート-図集」「木彫-図集」「宝石細工-図集」のように、〈宗教〉だと「教義」が「仏教-教義」「キリスト教-教義」のように、〈文学〉だと「作法」が「小説-作法」「戯曲-作法」のように、それぞれ使われます。
B: 「発音」「語源」「語彙」「文法」「解釈」「読本」「会話」「方言」など。それぞれ「英語-会話」「ロシア語-発音」「中国語-方言」のように、言語の件名につけて使われます。
C: 「教育」「経済」「地理」「農業」「紀行・案内記」「政治・行政」「対外関係」など。「京都市-紀行・案内記」「インド-経済」のように使われます。
D: 「アフリカ」「ノルウェー」「鹿児島県」のような地名細目が、「動物-アフリカ」「水産業-ノルウェー」「遺跡・遺物-鹿児島県」のように使われます。
E: 国・地域によって形が異なります。例えば日本なら「平安時代」「鎌倉時代」「江戸時代」など、中国なら「春秋戦国時代」「唐時代」「清時代」などです。「日本-歴史-江戸時代」「中国-歴史-清時代」のように使われます。
このように細目を使用することで、件名で表現される内容が、語から句ていどのものになります。文章的なものにまではいたりませんが、ずいぶん幅を広げることができます。

さて4週にわたって、件名について書いてきました。
今回の特集記事を契機に、ぜひご自分の手で件名検索の効能をたしかめていただけたら、と思います。「米国ではよく利用されているようで、小説や映画にもそういうシーンが出てくるよ」こんな話を筆者は先輩から聞きました。こちらの方もいろいろ探してみたら面白いかも知れません。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/433

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク