« 長崎市立図書館探訪記・2 | メイン | その本わたしが持ってます »

記述形その3:子だくさん

「MARC MANIAX典拠」第11回目です。

前回前々回にひきつづき、
人名典拠ファイルの記述形についておおくりします。

突然ですが、
外国語の発音を日本語で表すのってむずかしいですよね。

たとえば、apple
発音記号は 〔ǽpl 〕 ですが、
カタカナで表すと、
「アップル」。
でも、これだと実際の発音とは違ってしまいます。
「アポー」がいいのか?
それとも、「アェッポー」だろうか?

同じ問題が、本の世界でもおきています。


A 「「罪と罰」っておもしろいよね。」
B 「ドストエフスキーの?」
A 「それをいうなら、ドストエーフスキーでしょ。」
C 「いや、正確には、ドストイェーフスキイ なんだな。」
D 「わたしが読んだ本は、ドストイヱフスキーだったけど...。」


この論争、永遠に続きます。


Dostoevskii という言葉を日本語のカナにしたらどれが正しいのか?
正解はありませんよね。


こんな風に、同じ人なのに、いろんな形で表記される西洋人の著者。
典拠ファイルでは、どんな形で記述されていても、それが同じ人物なら、
ひとつの統一形の元にまとめておきます。
(記述形の基本についてはこちらを参照→記述形その1


さて、ここで実例を紹介。
先ほど出てきた、ドストエフスキーの典拠ファイルです↓


12000007709-0000  Dostoevskii,Fyodor Mikhailovich
              ドストエフスキー,フョードル・ミハイロヴィチ

12000007709-0001  ドストイエフスキー
12000007709-0002  フョードル・ミハイロビィッチ・ドストエフスキー
12000007709-0003  フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー
12000007709-0004  フョードル・ドストエフスキー
12000007709-0005  ダストエーフスキイ
12000007709-0006  ドストイェフスキー
12000007709-0007  ドストイェーフスキー
12000007709-0008  ドストエフスキイ
12000007709-0009  ドストエフスキー
12000007709-0010  ドストエーフスキイ
12000007709-0011  ドストエーフスキー
12000007709-0013  Ф.M.ドストエフスキー
12000007709-0014  ドストイェーフスキイ
12000007709-0015  ドストイェフスキイ
12000007709-0016  ドストィエーフスキイ
12000007709-0017  ドストイエフスキイ
12000007709-0018  ドストイヱフスキイ
12000007709-0019  Dostoefski
12000007709-0020  ドストイヱフスキー
12000007709-0021  ドストイエーフスキイ
12000007709-0022  ドストィエフスキイ
12000007709-0023  ドストエフスキ
12000007709-0024  ドストイヱーフスキー
12000007709-0025  ドストヱーフスキイ
12000007709-0026  F・ドストエフスキー
12000007709-0027  フィオドール・ドストエフスキー
12000007709-0029  ダスタエーフスキイ
12000007709-0030  F.M.ドストエフスキー
12000007709-0031  ドストェーフスキイ


同じ記述形ができているのでは...?!
と、典拠班のわたしでさえ心配になるほどのよく似た30個の記述形。
どこがどう違うのか(お時間のある方)確認してみてください。
伸ばしたり伸ばさなかったり、大きかったり小さかったり、
それぞれ微妙に違っています。

典拠ファイルの統一形と記述形は、親子みたいな関係です。
主張のはげしい子どもたちをやさしく包み込むお母さん。
実際に典拠班では、
「その子(記述形)は、こっちの親(統一形)にぶら下げた方がいいね。」
なんて言ったりします。

使いやすいデータベースにするには、
たくさんの子どもたちを野放しにしておくわけにはいきません。
しかるべき親元に集めておいてこそ、正しい検索ができるというもの。
どんな表記ででてきても、この子はここの家の子どもだね、
と正しく判断するべく、日々猛進する典拠班なのです。


ちなみに、いま現在、最も子だくさんなのはこの人↓
67の子(記述形)をお持ちです。

12000028494-0000  Stevenson,Robert Louis
               スティーヴンソン,ロバート・ルイス


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/448

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク