« 雑誌データができるまで | メイン | マンガで対決!蟹工船 »

今日は何日?

前回ご紹介したデータ作成の流れですが、どのくらいのペースで作業が進んでいると思われますか?

おさらいで「MARCができるまで」を確認してみましょう。
見本到着からMARC完成までの作業日数は、図書の場合4日でした。
では、ほぼ同じ作業工程を踏む雑誌もそれくらい?

いえいえ。

正解は  1日 。

つまり、朝到着した雑誌は猛スピードで各工程を駆け抜け、夕方にはデータが完成しているということです。

こんなに超特急なのは、おしりが動かせない(=提供期日がはっきり決まっている)から。
連載第2回で触れましたが、雑誌データは発売日当日の朝、図書館に提供されます。ということは、発売日前日にはデータ部で完成していなくてはいけません。
翻って、データ作成に不可欠の雑誌本体はいつ到着するかというと、これも発売日前日のギリギリがほとんどです。出版社でも、毎週・毎月と定期的に発行していく雑誌のスケジュールは相当タイトなのでしょう。もっともです。

というわけで結果的に、出版社と図書館に挟まれたデータ部での作業時間が「1日」となるわけです。

毎日これが続くとどうなるか…。

帰宅時に目にする中吊りも、家で見る新聞広告も、コンビニに並ぶ実物も、すべてデジャヴの嵐。
「あれ、あの雑誌とっくの昔に流れていった気がするけど…。いつだっけ? っていうか今日は何日?」と、だんだん時間感覚が薄れてきているような…。大丈夫か、自分…。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/555

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク