« 手帳生活 | メイン | 小口塗り »

コデックス装

リンボウ先生(林望氏)が現代語訳した「謹訳源氏物語」。
文章が格調高く、かつ読みやすいと評判です。
実はこの本、カタチとしても読みやすいのです。
装丁をリンボウ先生みずから手がけ、
コデックス装」という新しい造本法を採用したとのことです。
(林望氏のHP内に写真と解説がありましたのでリンクしました。
写真日記2010年3月22日です。)

その特長は、開いて読みやすい。
どのページもきれいに開いてピッタリとまるので、
手でずっと持っていたり、押さえていたりする必要がないのです。
机で本を読んでいて、ちょっと姿勢を変えたり、メモをとったりするときに、
ペーパーウェイトがない…代わりになるモノもない、しおりもない…。
こういうストレスがなくて、ぱっと開いて置ける装丁。
スグレモノだと感心しました。

カヴァーをとると、本体の背はむき出しで背表紙がありません。
コデックス装はまだ知られていないだろうし(図書に説明はありましたが)、
「この本はこれでいいのか? もしかして製本ミス?」
と心配になる利用者もいるかもしれない。

装丁について説明する必要があるときは、MARCに「形態注記」を入れます。
今回は「347A1:コデックス装」です。

装丁について主だったものは「装丁コード」にコードで入力してあります。
TOOL-iでも装丁コードを条件にして検索できます。
今回の「コデックス装」については、装丁コードではありません。
注記です。「すべての項目」に入力すれば「謹訳源氏物語」にヒットします。

また、装丁コードには2012年1月から「天アンカット」が仲間入りします。
昔ながらの文庫シリーズでは、今でも図書の「天」を裁断していないものがあります。
少し前までは、こういう本もあると了解されていたのですが、
最近はお問い合わせをいただくことが多いので、
装丁コードに入れることにいたしました。

図書のカタチはこれ以上進化しないかと思いきや、
「コデックス装」はかなり便利で、いい感じでした。
今年はビックリするほど軽いガイドブックシリーズもありました。
装丁・造本のますますの進化、期待しています!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1397

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク