« 食わず嫌いを克服! ~今年こそ読んでみたい本~ | メイン | 続・新人セレクト「新人におすすめ!ブログ記事シリーズ」 »

シャビとチャビ ~典拠のはなし~

今年2014年はブラジルでFIFAワールドカップが開催されます。サッカーにさほど詳しくない典拠班木内が、サッカーW杯で思い出すこと、それは「シャビとチャビ」。タイトルだけみると仲良し兄弟がでてくる絵本?のようですが、サッカー好きな方にはピンッときたはず。はい、「シャビ」と「チャビ」は同一人、スペインのサッカー選手の名前です。


      典拠ID        漢字形    カナ形
統一形 12000256071-0000  Xavi    シャビ
記述形 ←12000256071-0001  シャビ
記述形 ←12000256071-0002  チャビ・エルナンデス
記述形 ←12000256071-0003  チャビ


西洋人名の典拠方法によって決められた統一形(アルファベットの形)のもとに、図書に記載された記述形「シャビ」及び「チャビ」等が同一IDの枝番としてまとめられています。

なぜこの「シャビ」と「チャビ」に思い入れがあるかといえば...
シャビ(チャビ)を知ったのは前回のW杯2010年南アフリカ大会でした。シャビっていう良い選手がいるけど、なんだかもうひとり似た選手のチャビってのがいるね?兄弟?でも背番号は同じだけど?と眉間にしわが寄りました。というのも、テレビ・新聞・雑誌・Web各メディアで「シャビ」と書かれたり、「チャビ」となっていたり、表記に統一がみられず同一選手と判断できなかったからです(...きっとサッカーに詳しい人ならこんなことはないのでしょうが...)。後に同一人と分かった時、典拠班メンバーとしては「ハッ!まとめなければ!まとめたい!これは大変だ!」とハラハラ。

外国人の姓名の発音違いや翻訳による表記違いはよくあること。それは図書以外にも当然あることなのですね。しかし図書目録の世界では人名典拠がなされているので、こんな表記ワレも問題なしです。典拠ファイルを活用した図書検索(著者・人名件名など)ならば、「シャビ」だろうが「チャビ」だろうが、もれなく検索することができます。

ちなみに、Wikipediaによると「チャビ」はカタルーニャ語での発音に近いそうです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1972

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク