« 電車にまつわる・・・ | メイン | 巻頭にあっても-和漢古書の書名と情報源(3) »

豊穣なる翻訳文化を支えます ~典拠のはなし~

こんにちは、典拠班の原田です。

典拠に異動してきて9カ月、いやはや...驚くことがいっぱいでした。
目録の中の一部分だった「人名」について、深く深く掘ってゆくなかで、「名前」というものの奥深さに感嘆することしきり。

そして、今年1月のある日、ついにこの方と仕事しました!
ロバート・L.スティーヴンソン 著 「ジキルとハイド」 新潮文庫

どうしてこれが典拠班に?
こんな有名人について新たに典拠作業が必要なの?

はい、必要なのでした。
Stevenson,Robert Louis 120000284940000 (統一形)
には、それまでに70個もの記述形(図書に表記されている形)がありましたが、この時、71個目が出現したのです。

外国語の名前を日本語の発音に移そうとすると、いろいろな表記の可能性があります。スティーブンソン,スティーヴンスン,スチーブンソン,スチイブンソン...。
それに加えて、ファーストネームやミドルネームがイニシャルになっていたり、ミドルネームがなかったり、それらの順列組み合わせで、大量の記述形ができてしまいます。

目録は、図書の表記の通りに記録しますが、そのままでは71種類のStevensonは同一人物なのかわかりません。
そこで「典拠ファイル」が大事な役目を果たします。
71個のバリエーションに、統一形の「Stevenson,Robert Louis」を必ず紐づけしておいて、同一人物だとわかるようにしています。

今のところ、記述形の数ナンバーワンは、スティーヴンソンのようです。
ドストエフスキー 33個
チャイコフスキー 33個
シェークスピア 36個
も、壮観です。ぜひ一度、典拠ファイルをご覧ください。

こんなに大変なことになっているのも、せっせと翻訳に励んできたからなのですね。
「The strange case of Dr.Jekyll and Mr.Hyde」がイギリスで出版されたのが1886年、TRC MARCで一番古い「ジーキル博士とハイド氏」は1937年刊です。国会図書館には1932年刊の「ドクタ・ヂーキル・アンド・ミスタ・ハイド講義」という本があるようです。(タイトルにも名前を日本語の音にする苦心が見て取れます)

スティーヴンソンの沢山の作品が訳され、一つの作品を何人もの翻訳者が手掛けてきました。そして、2015年になって、また新たな翻訳が行われている。
日本の豊かな翻訳文化を、ありがたく誇らしく思います。

記述形については「記述形その1:漢字が違えば」「記述形その3:子だくさん」なども参考になさってください。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2337

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク