« 雄弁な空白 | メイン | 和漢古書あれこれ ― 字書 »

和漢古書あれこれ ― 小学書

こんにちは。AS 伊藤です。主に和漢古書を担当しています。

前々回前回、和古書の往来物についてとりあげましたが、漢籍では、「子部・儒家類・家訓勸學郷約之屬」の「少儀」というところに、初学者用の書物が収められています。代表的なものとしては、南宋時代に朱子が編纂した『小學』という書物があり、和刻本も多数刊行されています。これは四書の一つである『大學』に対し、日常の礼儀作法や聖賢の格言・善行などをまとめたもので、内篇4章と外篇2章から成ります。前回触れた辻原元甫は、これを翻訳敷衍した『大和小學』6巻という本も出しています。
ちなみに、「大学」「小学」のほかにも、「国語」「儀礼」「書」「詩」「方言」といったタームも、漢籍の世界では、特定の作品のタイトルになりますので、初歩的な勘違いをしないように注意しましょう。

「小学」は伝統中国の学術体系においては別の意味もあり、文字にかんする学問のことも、儒教の経学(けいがく)に対する補助学という意味あいで「小学」と言います。漢籍の冊子目録を見ると、四部分類の「經部」のところには個々の経書とその注釈書が収められていますが、その最後には「經部・小學類」というのが置かれており、NDCでは8類に入るような図書がここに収められています。
小學類の最初は「訓詁(くんこ)之屬」という属目になりますが、そのなかで一番先頭に置かれているのは『爾雅(じが)』という書物です。これは、漢代初期に成立したとみられる、経書(とくに詩経)中の文字をカテゴリ分けして配列した一種の類義語辞典ですが、唐宋に至って、他の経書と並べて『十三經』の一とされるほど重視されました。
歴代『爾雅』にならって、『小爾雅』『逸雅(いつが)』『廣雅(こうが)』『埤雅(ひが)』『駢雅(べんが)』『通雅(つうが)』といった辞書が編纂されていますが、このうち、『爾雅』『小爾雅』『逸雅』『廣雅』(隋代に煬帝(ようだい)の諱を避けて『博雅(はくが)』と改題されたことがあります)『埤雅』を合わせて『五雅』としたセットが明末に刊行されています。

日本でも、『爾雅』を模範として、平安期に源順(みなもと・したごう)撰『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』といった辞書が編纂されました。江戸時代には、貝原益軒の甥の貝原耻軒(かいばら・ちけん)著『和爾雅(わじが)』(1694年)、新井白石著『東雅(とうが)』(1719年)といった書物も編まれています。後者はもちろん、「東方の国の爾雅」という意味の命名です。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク