« 目録修行日記 その1 | メイン | トカトントン »

日食の本を探せ!

来る7月22日…それは、天文ファンにとって特別な日。
日本で46年ぶりとなる皆既日食がみられるのです。

その影響で、関連本も次々と刊行されています。
これらを、多様な検索が可能な、図書館専用ポータルサイトTOOLiで探してみましょう。

まず思いつくのはタイトル検索。
日食は「日蝕」とも表記されるので、「ニッショク」と、カナヨミで分かち検索してみます。
すると147件ヒット。
しかし、「日蝕の断層」(森村誠一著)などと、文学関係をはじめ、関係ないジャンルの本まで検索されてしまいました。

次は、件名検索。タイトル検索にくらべ、ぐっと検索が絞られるはずです。
件名標目「日食」で検索すると、28件ヒット。
全て「日食」をテーマにした本が検索されましたが、「天体観測の教科書」のように、天体観測全体を扱った本も含まれています。


最後に、分類で検索してみましょう。

でも、日食の分類は?

日本十進分類法(NDC)9版で、自然科学(4類)の「天文学.宇宙科学」(44△)の下をさがしてみます。
確認すると、やはり日蝕(日食)の分類は444.7。
そこで、分類444.7で検索すると23件がヒット。
日食を主題とした本を検索することができました。


それでは、分類検索結果の中から、今年刊行された本を紹介。

オンライン書店ビーケーワン:皆既日食2009 7月22日日本で見える黒い太陽
アストロアーツ 編

アストロアーツ(2009.4)
オンライン書店ビーケーワン:完全ガイド皆既日食

次の本は漫画で解説。安全に太陽を見る日食メガネ付き。

オンライン書店ビーケーワン:日食観測マニュアル 7月22日日本全国で太陽が欠ける

これは児童向け。やはり日食観測めがね付き。

オンライン書店ビーケーワン:日食観測ガイド 2009年7月22日 日本で最大級の皆既日食

コメント (2)

ハミルカ:

2009年7月22日的なタイトルで出版されると、図書館的には、それを過ぎたら過去のもの的で、少し躊躇します。
国立天文台によると2012年にも金環食があるので、それも見越したタイトルにして欲しかったです。個人的に。

さて、エントリーについてですが、せっかくなんだから、「学習件名で調べると…(47件)」って言及も欲しかったですよ☆
宣伝とかそういうのでなく、そんな検索もありますよって。

『日食』が主題である本が『日食』を調べるのには適していますが、図書館的には借りられたらそこに資料がないので、やはり、全般が書かれていても、日食のことが1ページでも書かれている本を…ということで。

流星群もそうですが、その日、全国的に曇りとかだと、盛り上がりが一瞬にして消えますから、晴れてくれることを祈るばかりですね。

分類/件名 菊地:

ハミルカさん、こんにちは。
確かに、今回ご紹介した本のほとんどは、「7月22日…」がサブタイトルに入っていましたね。
次回、皆既日食を日本の陸地で観察できるのは、26年後の2035年だそうですから、本当に貴重な天文現象です。皆既日食ブームをひしひしと感じます。
皆既日食は無理でも、日本全国で部分日食は観測できますから、晴天になるのを私も祈っています。

また、学習件名検索の結果もありがとうございます。
学習件名検索をはじめ、TOOLiでは様々な検索が可能ですので、その活用法など、今後ブログで紹介して行けたらと思います。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク