« 襲名披露とかけまして | メイン | 空耳の世界 »

お気に入り・番外編?

こんにちは。新刊目録の望月です。

今月お送りしている、「子どものお気に入り」(その1その2)。
読んでいると、思わず目頭が熱くなるような、本と子どもさんのエピソードたちです。

今日はその番外編(?)。
甥っ子に絵本を読み聞かせてきたおはなしです。

先日、3歳になる甥っ子と、89歳になる祖母(甥っ子にとっては曾祖母)の合同誕生日会があったので、実家に遊びに行きました。

甥っ子へのプレゼントはこちら。

オンライン書店ビーケーワン:わにわにのおおけが
わにわにのおおけが
(福音館の幼児絵本)
小風 さち
山口 マオ

福音館書店(2010.3)
発送可能時間


2歳の誕生日にあげた「わにわにのおふろ」が好評だったので、今年も「わにわに」にしたのです。しかも最新刊!

表紙のわにわにに大興奮の甥っ子。さっそく読んであげることにしましたが、わたしもはじめて読んだので、ページを飛ばしてしまったり、なかなか難しかったです。
読み終わった途端、「もういっかい!」と言われて、結局3回連続読むことになったり。

でも、怪我したわにわにが自分で薬を塗っている場面で、「わにわに怪我しちゃったねえ。あっくん(甥っ子)も、薬塗ってあげようか」と声掛けしたら、すなおに薬をぬりぬりしてあげて、そのあとは何も言わなくても、その場面がくると、人差し指でやさしく塗ってあげて、そのかわいらしさにきゅんとしちゃいました(笑)

そのやさしさはなくさないでほしいと思いつつ、ひとたび剣を握ると正義の味方、なりきりシンケンジャーに変身して大暴れする甥っ子。春からは幼稚園生です!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/945

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク