« きょうのデータ部☆(5/30) | メイン | 思い出せないタイトルの話 »

データ部あるある 2

データ部メンバーの職業上のくせや習慣を紹介する記事、第2弾です。

まず、人名・団体名関連作業メンバーの「あるある」から。

「オリンピックで各国選手のヨミが気になる。どこが姓?とか...」
(世界各国にはいろいろな姓名の形があり、なかには姓がない地域も。どんなふうに紹介されているか、今年のロンドン五輪もドキドキです)

「甲子園の全国のご当地っぽい姓も気になる。沖縄とか北海道とか」
(沖縄とか北海道の方とか、関東出身者にとっては珍しい名前も。選手の名前をよみあげるアナウンスでつい、「へえ~」)

「店員さんの名札を見て珍しい名字だと、つい名前のヨミを聞いてしまう」
(異性の場合、聞き方がまずいと「ナンパしている」と思われるから注意)

「アイドル・モデルの人名ヨミがわからないとき、年齢を感じる」
(いまや平成生まれが当たり前なアイドルたち。イマドキの名前は読みも難読ですし)

分類・件名班ではこんなことが。
「本の分野を数字(NDC分類)で言いそうになる」
(文学ジャンル=9類、医学ジャンル=4類など、つい分類記号で図書を判断。人によっては「麹テーマの本はやはり596関連が多いね」とか「この作家は913.6もいいけど914.6も面白いよ~」「最近仏像の本買ったって?それって1類?7類?それとも?」とか普通に会話に取り入れてたり?)
*分類について興味がでてきた方はこちらの過去記事を☆例①

預かり本を扱う遡及部署では?
「個人の戦争体験などの本に心がつらくなる」
(それぞれの「戦中」が。作業しててうるっとしてしまいます...)

これはデータ部全体的な「あるある」。
「習得できなくても語学に興味を持つ」
(仕事上いろんな言語の辞書をひくことが多いのです。ときどき、どんな言語も調べりゃ読めると強気になったり)

「視力が落ちてきた気が...。つい中吊り広告で視力検査してしまう」
(これこそ職業病?データ画面とのにらめっこは目が疲れます。目薬必須。ドライアイ対策も欠かせません。)

「データ部あるある」とりあえず、今日はここまで。
また、そのうちUPします!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1536

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク