« はじめましてと目次(ダイジェスト第1回) | メイン | 触る、撮る、照射する~新設件名のお知らせ2013年2月分~ »

データ部紹介・前半(ダイジェスト第2回)

こんにちは。データぶー子です。

databuko6.gif
いま、ぶー子がいるのは東京都文京区の図書館流通センター本社の2階入り口。今日はワタクシが常日頃(こっそり)見守り続けている「データ部」についてご紹介しちゃいます。

実はデータ部は中で複数の部署に分かれています。
「新刊目録」
「分類/件名」
「典拠」
「内容・目次・雑誌」
「図書館蔵書」
「AV」
「AS(学術情報ソリューション)」
以上7つのチームです。

データ部は、社員・パートさんあわせて150名強のメンバーが働いていて、とっても大所帯なんです。
(圧倒的に女性の割合が多いのよね。なぜかしら!)

ちょっと仕事場を覗いてみましょうか♪
わー。静か・・・。

みんな集中して作業しているからでしょうか、話し声よりキーボードやプリンターの音が目立つくらい。部外者はちょっと入りにくい雰囲気かも? 
いえいえ見学者は大歓迎。
かまわず順を追って見ていきましょう~。

まずは、新刊図書のMARCを作成している「新刊目録」。
入力に校正に、厳しい目が光ります。
p20070115-1.jpg
TRC MARCはすべて現物からデータを作成しています。
棚に並んでいるのが、これからMARCを作成する本たち。
ICタグを挟んで管理しています。
p20130304-6.jpg

一冊一冊デジカメで「週刊新刊全点案内」等に掲載する図書の表紙を撮影もしています。
p20070115-3.jpg

続いて「分類/件名」。
図書に分類・件名のほか、ジャンル、学習件名等も付与しています。
p20070118-1.jpg
分類作業のパートナー、「日本十進分類法(NDC)」も大活躍です。

こちらは「典拠」。
ここでは、著者名(人名・団体名)典拠ファイルの管理を行っています。
棚には著者についての調査に必要な参考資料がずらっと。
p20070119-1.jpg

お次は「内容・目次・雑誌」部署。
わ、いろんな雑誌がある!
p20130304-1.jpg
ここでは部署名どおり、1つ1つの著作(内容細目)が検索できる「内容細目ファイル」、目次から検索できる「目次情報ファイル」(一部の図書のみ作成)、そして雑誌データを作っていますが、それ以外に「週刊新刊全点案内」非掲載の図書のMARCも担当しています。


ところで。
databuko3.gif
それぞれの部署は全然、関係ない作業をしているようですが、実は密接につながっています。
新刊書を例にすると、
「新刊目録」で受付→「分類/件名」で分類と件名を付与→「内容・目次・雑誌」で内容細目ファイルを作成→「典拠」で典拠ファイルを作成→「新刊目録」に戻ってMARC入力→完成!

こんな風に各部署をまわってMARCは作られているのです。(ものによっては、ない作業もありますケド)

データ部紹介、ここまで半分。
続きは今週木曜日にお送りいたします!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1744

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク