« AV MARCができるまで(AV MARCダイジェスト 第6回) | メイン | ジテン »

AV MARCまとめ(AV MARCダイジェスト 第7回)

メリークリスマス♪サンタバージョンのぶー子です。
santa30l.gif
6回にわたってご紹介してきた「AV MARCダイジェスト」もいよいよ最終回となりました。
最終回らしくまとめをお届け!


・ TRC AV MARCとは録音資料・映像資料に対して作っているMARCです。(Vol.1
・ 録音資料は受注された商品のみ、映像資料は著作権の確認が取れた商品のみMARCを作ります。(Vol.2
・ AV独自の項目があります(録音資料ならレーベルや音楽分類、映像資料ならDVD機能など)。(Vol.3
・ 内容細目ファイルという収録内容を入力したファイルが要です。(Vol.4
・ セットの商品は配架できるケース単位でMARCを作ります。(Vol.5
・ 登録→入力→チェック(映像資料は+内容紹介文入力+写真撮影)という作業工程です。(Vol.6


届いた見本の荷解きをする隣でDVDの登録、その前では映像資料のゲラをチェック、そのまた後ろの席では録音資料のリストのチェック・・・と、AVの部署では少ない人数でいろんな仕事をしています。
たまに奇天烈なおまけに遭遇したり、新たな規格をどう扱うか頭を悩ませたり、あまりにアート過ぎて文字が読めません的な難関もあったりしますが、眉間にシワを寄せてるばかりでもありません。
今まで知らなかった様々なジャンルの音楽や映像を垣間見るという、この仕事ならではの体験もできるのです。

★ぶー子からひとこと
いかがでしたか?ひとまずAV MARCのおおまかな説明は今回で終わり。
またいつかご紹介する機会もあるかと思います。お楽しみに☆

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2219

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク