« 封印! | メイン | ADEAC秋の公開情報 その1 »

ソンとスン ~典拠のはなし~


先日、アメリカの女性詩人を描いた映画
「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」を観てきました。


エミリ・ディキンスン
(Emily Dickinson 1830~1886)。


生前には10篇ほどしか発表されず、
没後1800篇近くの詩が見つかったこと。
その詩が今や多くの人に影響を与えていること。
後半生は白いドレスに身をつつみ、
ほとんど屋敷から出ることがなく、
家族以外の人との交渉を拒んで過ごしていたこと。


謎も多いこの詩人を、女優シンシア・ニクソンが
見事に演じていました。

今回の典拠のはなしでは、
このエミリ・ディキンスンが活躍した19世紀ごろの
著名な西洋人を調査するために使っている資料をご紹介します。


こちらの記事では明治期以前に活躍した日本人の資料を
ご紹介しました。
さて、西洋人はどんな資料をみていくのでしょうか-


歴史上の人物や著名な人は、
参考資料に多く用いられている形を統一形としています。
第一に見る資料は、日本人の調査の場合と同様
「人物レファレンス事典」(日外アソシエーツ)。


それ以外にも、統一形を決めるために参考にしている
人名辞典があります。

19世紀ごろに活躍した西洋人について調べるときは

コンサイス外国人名事典(三省堂)
岩波西洋人名辞典(岩波書店)
岩波世界人名辞典(岩波書店) 
平凡社大百科事典(平凡社)


広く網羅しているのはこの4冊。


エミリ・ディキンスンのように文学関係の人の場合は

新潮世界文学辞典(新潮社)
集英社世界文学大事典(集英社)
も照会します。


西洋人の調査では、こちらもよく使用します。

キリスト教人名辞典(日本基督教団出版局)


西洋人名を人名辞典で調査する際に注意すべきは、
翻訳の仕方が辞典によって異なることです。
見出しは日本語で書かれるのが一般的。
ですが、翻訳のしかたに、
それぞれの個性がでることもあります。

たとえば 先ほどより例にあげているエミリ・ディキンスン。

映画の邦題では「エミリ・ディキンスン」とされていましたが
「平凡社大百科事典」の見出しは「ディッキンソン」、
「コンサイス外国人名事典」「岩波西洋人名辞典」
「岩波世界人名辞典」「新潮世界文学辞典」
「集英社世界文学大事典」では「ディキンソン」。


「新潮世界文学辞典」「集英社世界文学大事典」の凡例には
英語の語尾にある「~SON」は「ソン」と訳し
「スン」とはしない旨明記されています。
各社、編集方針があるのですね。


語尾の部分が違うのであればまだしも、
先頭部分の翻訳が違う場合、掲載されているのに
探せなかったという事態が起こる恐れも。
かといって翻訳されるであろうパターンを
想定しながら探すのは大変です。
こんなとき力を発揮するのが、索引。


外国人名を掲載内容に含む人名辞典には
原綴索引が必ずあります。
こちらを使えば翻訳のしかたに左右されずに、
掲載されている人名を探し当てることができます。


西洋人名の調査の時は原綴索引を必ず見る。
これが典拠のチームのお約束ごとです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2877

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク