« 志木ブックナリーに潜入!~前編 | メイン | ブラバンは流行っているか? »

志木ブックナリーに潜入!~後編

志木ブックナリーレポート続きです。
図書館の本は、書店に並んでいる本と違って、背ラベルやバーコードラベルが貼ってあったり、フィルムコートでくるんであったりしますよね。そういった装備を行います。

どういう装備をするかは図書館によって異なっており、それぞれに仕様が決められているのですが、この「仕様」が本当に様々!
背ラベルの貼り位置ひとつをとっても、「何が何でも地(下側)から○cm」というところもあれば「基本は地から○cmだけど、著者名と巻数は避ける」というところもあり…。
仕様の通り正しく作業を進めていきます。


%E8%83%8C%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%AB.JPG
背ラベルを貼る時は、こんな道具を使って貼り位置に印をつけます。写真の赤いボールペンは地から1cm用、後ろに写っている青色は0.5cm用、黄色は1.5cm用です。

%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89.JPG
バーコードを貼るにはこんなスケールを使います。「地から2cm、背左から3cm」という仕様なら、写真のように赤線の位置になります。
「背左から○cm」ではなく「裏表紙の左から○cm」だったり「左右中央」だったり、あるいは「紹介文を避ける」「絵を避ける」など、バーコードの貼り位置も図書館によって色々です。


この他に「本に付いてきた正誤表・月報を貼付するか」「帯を納品するか(さらに1冊ずつ挟み込むか・束で納品するかの違いも!)」等々も装備仕様に含まれています。また、背ラベルの色やデザイン、背ラベルに入る文字(請求記号)の仕様も、凄まじいくらいに多種多様…。
100の図書館があれば、仕様も100通り存在しそうです。


さて、ラベル類を貼ったら、最後にフィルムコートをかけて完成です。
すっかり図書館資料として様変わりした本たちは、各図書館に発送されます。

%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%B1%B1.JPG
上の写真はフィルムコートをかけ終わった状態のもの。
山のように積まれているように見えますが、これでもごく一部に過ぎません。TRC全体では1日に約4万冊もの図書館の本を装備しています!装備にあたっている皆さんの手さばきは、まるで職人技でした…。

志木ブックナリーでは、図書館のご要望の通り正確に・迅速に本をお届けするべく日々努力をしているのでした。
全国に届いた本たちがそれぞれの図書館で活躍しますように!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/582

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク