« 部ログバナーばなし | メイン | クリスマスの準備はいかがですか? »

24人目~典拠のはなし~

典拠・望月です。

今月から月に一度、典拠のはなしをしていきます。11月は「24人目」の話です。
まずはおさらいから。
TRCデータ部には「典拠」という部署があり、典拠ファイルという、人名のデータベースを作成、管理しています。


○典拠ファイルの例
11000539669-0000 石井/慧 イシイ,サトシ

(↑例のあの人です。この本で典拠ファイルを作成しました)




これだけ日々本が出版されていると、本の著者も毎日大量に出現します。中には同じ名前の別人も出てきます。
そうです、それがタイトルの24人目。
なんと先日、24人目の「小林茂」さんが登場したのでした。

同姓同名24人は、TRCの典拠ファイル内でもベスト3に入る多さです。
しかしその前に、24人目が本当に24人目でいいのかしっかりと確認することが重要。
前の23人の中に同じ人はいないか、典拠ファイルに入っている識別情報(生没年、職業、専門分野など)をひとつひとつ見比べるだけでけっこう骨が折れます。
識別情報がなければ、著作を調査して判断したり。
迷うようなときは、出版社に問い合わせて確認することもあります。

今回の小林茂さんは無事に24人目とわかり、新しく典拠ファイルを作りました。が、23人の肩書をチェックしていたら、早稲田大学の教授をしていた人が2人いるのを見つけました。
文学部でフランス文学専門の人と、社会科学部で経済学が専門の人。
この場合はジャンルが異なるのでまず間違えることはないですが、ジャンルが近くて所属先が同じ、なんて難易度が高い同姓同名もまれに出てきます。

24人目の小林茂さんの著作はこちら。

オンライン書店ビーケーワン:Making Things Talk Arduinoで作る「会話」するモノたち Make:PROJECTS

ちなみにこの「小林茂」さん、2000年時には19人でした。5件の増加。
同じく2000年に19人だった「鈴木博」さんは現在27人。年1件のペースで増えています。すごい!

最後にクイズです。TRC人名典拠での同姓同名数がトップなのは、なんという名前で何人いるでしょう???
答えは来週コメント欄で発表します!
(11/18発表しました。下の「コメント」をクリックしてみてください♪)


※同姓同名についての話題はこちらもごらんください。
こういう風にしています~同名異人編~
マイケル・ジャクソンは「地ビール大全」を書いたか?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/599

コメント (5)

ハミルカ:

> ベスト3に入る多さです。
とういうのが、正確であれば、その24人より多い
「鈴木博」さんが2位ということでしょうか…
とすると、Tooli上30人いるT(姓)M(名)さん
が1位でしょうかね。

ただ…本来旧字体のは新字体になっているはずなのに、
1名旧字のまま統一形になっているのはなぜでしょう?
「Tすだれ店」の人ですが…

この人も抜かすと29名ってところでしょうか…

典拠 望月:

まずはクイズの回答から。

1位 田中実(タナカ,ミノル)28人
2位 鈴木博(スズキ,ヒロシ)27人
3位 小林茂(コバヤシ,シゲル)24人
4位 鈴木実(スズキ,ミノル)23人

2008年現在の上位ランキングはこのようになっています。
という訳で、1位は「田中実」さんの28人でした♪

「鈴木博がトップじゃなかったんだ!」とデータ部内でも驚きが走った結果でありました(笑)


典拠 望月:

そしてハミルカさん、正解です!
すごいです、よく発見されましたね!!

お尋ねの件ですが、TRC MARCでは2005年から旧字体を新字体に統一することを中止し、図書に書かれたままの形で入力することになりました。初出の図書に旧字体で書いてあれば旧字体が統一形となります。(ただしUタイプで提供しているMARCはシステムの関係で今までどおり新字体になります)

今回は旧字の田中實さんも含めて28人としましたが、TOOLiで30件表示されたのは、「田中実」と書いて「タナカ,マコト」と読む人が二人いるからですね。
ヨミガナのことは今回のエントリーでは省略してしまいましたが、漢字とヨミガナがまるっきり同じ場合に付記をして区別をつけているので、ヨミガナがちがう人は数に入れませんでした。

このヨミガナちがいって、トラップなんですよ~。最初のうちよく引っかかって間違えそうになりました。

ハミルカ:

> 望月さん
ええ、読みが違うのも気付いていましたが、確かに特に「読みも同じ」とはなかったので、どっちでカウントしようか回答する側としても迷いました。笑

というか、検索するときに、日本人で多い姓と読みが多様にある名(例えば、『浩』「ひろ・ひろし・こう」とか)にしようかどうしようか迷いました。
なので、姓のほうは「佐藤」「鈴木」「高橋」「田中」「渡辺」(『姓・名字・苗字の全国ランキング』より)あたりだろうなぁとは思っていましたが。
というか、今回は同姓同名だったのですが、佐藤さんがいないのがちょっと驚きですね。

西洋人や日本以外の東洋人の著者名の同姓同名はどうでしょうかね。(ミドルネームの違いがあるから少ないでしょうか)
姓だけであれば、アメリカ人であればスミスさんが多い姓で、ドイツではミュラーさんが多い姓らしいのですけど…(まぁ、著作を翻訳本にすれば簡単でしょうけど、世界中で一番多い同姓同名は…人口比率的に李某さんかなぁ?)

典拠 望月:

>ハミルカさん
遅くなりました。
西洋人の同姓同名は今回の記事でご紹介させていただきました。スミス姓は登場しましたが、やっぱり日本人ほどたくさんはいませんでしたね。

ちなみに佐藤姓で同姓同名トップはおそらく「佐藤博」さんの17件かと思われます。

この企画、何年か後にまたやってみたいですね。
どれだけ増えているんだろう。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク